ブログ

モーニングコーヒーのご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。「喫茶ここ」です。

 

11月13日にオープンしてから10日経過致しました。

 

オープン当時はバタバタとして皆様にご迷惑をおかけしながら、お客様の温かさに助けられ無事オープンすることが出来ました。

 

これからは、少しずつではありますが「喫茶ここ」の情報を配信していきたいと思っています。

 

ブログは複数人のスタッフで投稿していこうと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。

 

では、早速本日はモーニングコーヒーのご案内

 



 

【喫茶ここのモーニング】

 

「喫茶ここ」では、朝6時~9時の時間帯でモーニングを実施しています。

 

物件を決めてから、何度か物件の前で市場調査を実施。

 

何時に何名のお客様が店舗の前を通るのか・・・

 

この様なことが好きなのが「喫茶ここ」のオーナー

 

私たちはオーナーを暇人とか変わっていると言っていますが、色々メニューなどを考えてくれています。

 

私たちが「喫茶ここ」の物件を契約したのが9月末でした。

 

すでに、少し肌寒い日が続いていた中でJRの始発5時33分から店舗付近で調査を実施。

 

外で散歩をしながら調査を実施していたようですが、その時にオーナーがコンビニでコーヒーを何度か購入したという事でした。

 

そこで、この時間に喫茶店に入ってモーニングを行っていたら、何を注文するかと考えた時に「コーヒー」というのが頭に浮かんできたようです。

というわけで、モーニングのメニューを決める話し合いの時に、真っ先に出てきた意見が「コーヒー」を作ろうということになったのでした。

 

私たちもモーニングを実施するということは、頭の中にあったのですがそのイメージは「朝食」でした。

 

まさか、モーニングを実施するといって最初のメニューで出てきたのが「コーヒー」ということには私たちは( ゚д゚)ポカーンという感じ

 

朝食のセットとして「コーヒー」というのはイメージしていましたがまさか「コーヒー」単体でいくとは

 

このようなオーナーの独断で決まったのが「モーニングコーヒー」ということになります。

 

 

実際にオープンしてみると、モーニングの中で結構注文が入っています。

 

オープン当初はサイフォンで淹れることを予定していたのですが、価格が「200円」という設定ということと、朝食の準備やランチの準備などでサイフォンで淹れることが難しいという形になってしまったため、現在は朝ドリップしたコーヒーを提供しています。

 

ただ、朝ドリップしたコーヒーは時間が経過するとウォーマーで煮詰まってしまったり味の変化が大きい為、現在試行錯誤して味を調整中です。

 

1杯ずつ淹れると200円という価格でモーニングコーヒーをご提供出来なくなってしまうので、現在はモーニングコーヒーは朝淹れたコーヒーを提供させて頂き、別メニューとしてサイフォン450円、フレンチプレス(2杯分)550円という形でご提供させていただいています。

 

先日もオーナーとは、モーニングコーヒーを巡りバトルが勃発。今後も試行錯誤しながら価格を維持しながら美味しいコーヒーをご提供出来るように取り組んでいきます。

 

このような感じで、「喫茶ここ」の情報やメニュー誕生秘話、そして私のちょっとした愚痴・・・を交えながらブログを更新していこうと思っています。

 

末永く愛されるお店になるようにスタッフ一同取り組んでまいりますので、皆さまどうぞよろしくお願い致します。

 

オープン日 11月13日午前6時

店舗住所  当別町弥生52-6

 
 



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*